自身が出演する動画と同じようなポーズを取る中島伸雄さん

 【高根沢】町を拠点に活動するバンド「のぶおばんど」は、こどもたちに音楽を楽しんでほしいと動画を制作し12日夜、動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップした。新型コロナウイルス感染拡大の影響でバンド活動が全てキャンセルとなる中、時節柄できることはないかと模索した。動画は新曲に合わせながら、新型コロナ対策も呼び掛けている。

 のぶおばんどは2017年、4人組で結成。ボーカルでとちぎ未来大使の中島伸雄(なかしまのぶお)さん(32)が作詞作曲の「住めば都の高根沢」は、18年のご当地ソングコンテストでグランプリを受賞した。

 動画は、セカンドアルバム(発売時期未定)に収録予定の楽曲「あなたのために」に合わせて約1分半にまとめた。楽曲は「大切な人に向けての曲」といい、各メンバーが自宅などで個別に演奏・録音したものをメールでやりとりしながら編集し作り上げた。

 今回は密接や密集を避けるために、中島さんがソロ出演。石末のイタリア食堂「ヴェッキオ・トラム」を撮影場所に楽曲を披露し、途中で「手洗い」や「換気」などの映像を差し込んでいる。撮影は那須塩原市在住のビデオグラファー西條花(さいじょうはな)むぐり氏(23)が担当した。

 中島さんは「仕事がなくなって絶望的な状態が続いた中、新たな音楽活動の形を発見できた」と話し、「未来はきっと明るいです」と続けた。