【さくら】氏家商工会(加藤有(かとうたもつ)会長)は13日までに、7月18、19の両日開催予定の「氏家商工まつり」を中止することを正式に決めた。1978年開始以来、中止は初めて。

 まつりは毎年、市内を練り歩くみこしをはじめ、「素人うどん打ち大会」「中元福引き大売出し」などで盛り上がっていた。加藤会長は「中止決定は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、参加者の健康や安全面を考慮し判断した」という。

 商工会では、中止となった中元福引き大売出しの予算を充て、販売促進支援給付金の名目で、85事業所に現金2万円の支給を行った。