めぶきフィナンシャルグループ(FG)は13日、傘下の足利銀行の松下正直(まつしたまさなお)頭取(63)が退任し、後任の新頭取に清水和幸(しみずかずゆき)専務(58)を昇格させる人事を内定したと発表した。藤澤智(ふじさわさとし)会長(73)は勇退し、松下頭取が会長に就任する。6月24日の株主総会などを経て正式決定する。

 めぶきFGの2020年3月期決算の記者会見で発表した。松下頭取はめぶきFGの副社長を退任し、清水専務が後任を務める。