起震車で地震を体験する園児たち

 【佐野】市幼年防火クラブの起震車体験と花火教室が29日、ときわ保育園とたぬま保育園で行われた。

 同クラブの事業の一環で、実際の揺れと花火の遊び方を体験し、クラブ員である園児たちが地震時の備えや火の取り扱いの知識を学んだ。本年度は、2園のほか大橋保育園など計5園で実施している。

 ときわ保育園では、園児30人が参加。起震車で震度3程度の揺れを体験した。園児たちは防災ずきんをかぶり机の下に避難、机の脚にしっかりつかまって、揺れが止まるのを待った。