宇都宮市の佐藤栄一(さとうえいいち)市長は12日、記者会見し、新型コロナウイルスの検査拡充を図るため「同市PCR検査センター」を13日、同市竹林町の市保健所内に設置すると発表した。県が県内10カ所に設置を目指す地域外来センターの第1号で、臨時の検体採取所を設け、県内初のドライブスルー方式でPCR検査を実施する。一方、真岡市は、芳賀地区1市4町を担当する「地域外来・検査センター」の運営を県から正式に受託し、今月末にも開設する見通しだ。