新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宇都宮市は11日、福島県郡山市内で新型コロナウイルスの感染が確認された宇都宮市在住、30代男性の調査結果を発表した。

 男性は本県の医療機関に勤める医療従事者で、福島県内の医療機関でも働いていた。男性は9日に入院したが、2度の検査で陰性が確認されたため11日、入院勧告が解除された。濃厚接触者は同居する妻と子どもの計4人で、9日に県内の医療機関で検査し陰性だった。

 一方、県と宇都宮市は11日、PCR検査を計15件実施し、結果は全て陰性だった。これまでの累計検査件数は2550件となり、感染者数は56人、退院者数は35人。