日傘を差して歩く女性=11日午後、佐野市若松町

 県内は11日、高気圧に覆われ各地で気温が上昇、県内全14観測地点のうち、佐野の最高気温は32・8度を記録した。佐野に加え、30・4度に達した大田原の2地点で30度以上の真夏日となり、両地点を含む9地点で今年最高を更新した。

 宇都宮地方気象台によると、今市と那須烏山、鹿沼、宇都宮は29・9度、真岡が29・8度、黒磯は29・4度を観測した。全県で平年を6・9~10・4度上回り、前日を4・2~8・8度上回った。9地点は7月中旬~下旬並みの暑さとなった。

 2日の31・8度、5日の30・2度に続き、今年3回目の真夏日となった佐野市。JR佐野駅前では日中、日傘を差して歩く人の姿が見られ、噴水は陽光をまぶしく反射していた。