市内の家電量販店で設置されている特設ブース=4月、宇都宮市今泉町

 迷惑電話防止機能付き電話機の購入費補助や貸与といった制度を設けている栃木県内の市町は4月1日時点で、前年度比5市町増の24市町に上ったことが9日までに、各市町などへの取材で分かった。県警はこれまで、同種機能がある電話を活用している家庭で被害を確認しておらず、機器の有効性を認知した市町が導入促進を加速させているとみられる。

 本年度に購入費の補助を始めたのは足利、那須烏山、矢板の3市と塩谷、壬生の2町。いずれも電話機や外付け機器の購入費の半額を5千円を上限に補助している。