新型コロナウイルス感染拡大による小中学校の休校で給食が提供されていない中、栃木県栃木市内の複数の学校で4、5月分の給食費を徴収していたことが、9日までに分かった。

 市教委によると、保護者らから「休校中も給食費が口座から引き落とされている」との指摘を受け、調査して判明。全43小中学校のうち、4月分については(1)「集金済み」10校(2)「新入生のみ集金済み」20校(3)「集金予定」3校で、5月分は(1)が12校、(2)が3校、(3)が20校だったという。

 今後、保護者に説明文書を送り、徴収分を再開後の給食費に充てるなどして調整する方針。市教委は「休校延長の先行きが分からない中、各校に事務連絡ができない状況だった。保護者への説明が遅くなり申し訳ない」としている。