配布される予定の車内掲示用の証明書

 栃木県那須町は8日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、県外ナンバーの車に乗る町民に対し、町内居住者であることを示す車内掲示用の証明書を配布することを決めた。

 政府の緊急事態宣言で県境をまたぐ移動の自粛が求められる中、「スーパーで他県ナンバーを見た」などと感染拡大を不安に思う町民の声が寄せられていることや、他地域で起きた他県ナンバー車に対する嫌がらせ被害の報道を受けた措置。

 本来なら住所地に合わせてナンバーを変更することが必要だが、町内には他県ナンバーのままにしている居住者が多数見られるという。住民票、免許証、車検証を確認し、「那須町居住者です」と書かれたA4判の用紙を発行する。平山幸宏(ひらやまゆきひろ)町長は「暮らしやすい町にしたい」と話している。

 対策本部では 道の駅那須高原友愛の森を11日から、レストラン以外で営業時間を短縮して再開することなども決めた。