「しもつかれ」がビスケットに ダイエット用、宇都宮の業者が開発

 宇都宮市内で美容室などを展開するビューティアトリエグループ(宇都宮市江曽島本町、郡司成江(ぐんじまさえ)社長)は、しもつかれを使用した1食分置き換え用ビスケット「ボディーデザイン ビスキュイ」の開発に取り組んでいる。試作品はほぼ完成しており、今月中には同社が運営するカフェ「アトリエ ココット」(宇都宮市江曽島本町)で販売を始める予定。

 しもつかれは「独特な見た目や匂いで敬遠されがちなことから、食べやすくビスケットにすることで、しもつかれに愛着を持ってもらいたい」(郡司社長)と開発に着手した。

 ダイコンやニンジン、サケなどが入った本県の郷土料理「しもつかれ」の高い栄養価に着目し、1日の1~2食をダイエット食品などに置き換える「置き換えダイエット」用のビスケットとして販売する。1袋約60グラム入りで約300カロリー。価格は400~500円を想定している。