プロデビュー戦に臨んだ長谷部四段(左)=29日午前、東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)

 将棋の棋聖戦の1次予選が29日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、この日がプロデビュー戦の長谷部浩平(はせべこうへい)四段(24)=小山市=は、1回戦で佐々木大地(ささきだいち)四段に125手で敗れた。

 後手の長谷部四段は「比較的、珍しい手」という序盤作戦で臨んだが、佐々木四段に的確に対応された。その後も形勢を挽回するまでに至らず、押し切られた。