収穫最盛期を迎えたメロン=25日午前6時30分、真岡市中

 県内一のメロンの産地として知られる真岡市。JAはが野メロン部会に所属する生産農家11軒では、収穫が最盛期を迎えている。

Web写真館に別カットの写真 

 同市中、手塚利貞(てづかとしさだ)さん方(64)では、楕円(だえん)形で果肉が黄緑色の「タカミ」と球形で赤肉の「クインシー」を栽培している。25日は、早朝から妻の美智子(みちこ)さん(59)と作業。葉が黄変して熟し始めたメロンを見分けながら、1玉ずつ丁寧に取っていた。