商店街を彩るフラッグアート

 【宇都宮】商店街を手作りのフラッグアートで彩る「宇都宮フラッグアート2020inオリオン」(オリオン通り商店会主催)がオリオン通りで開かれている。31日まで。

 市内の小学生、一般市民など5団体が制作。縦約2・5メートル、横約2メートルの大きな布に今年の目標を表した作品や、躍動感あふれるスポーツ選手を描いたものなど13点が飾られている。

 通りを歩いていた鹿沼市、無職男性(61)は「活気があっていいね。見るだけで元気づけられる」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、例年行っているフラッグアートの現場制作は中止した。