消毒作業が行われたタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上

消毒拭き取り作業が行われるタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上

消毒作業が行われるタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上

消毒作業が行われたタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上 消毒拭き取り作業が行われるタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上 消毒作業が行われるタカムラ産業のオフィス=2日午前、大田原市上石上

 強化段ボール製品製造のタカムラ産業(大田原市上石上、高村明彦(たかむらあきひこ)社長)は2日、新型コロナウイルス感染の予防対策として本社事務所などを消毒した。

 消毒作業を行ったのは、特殊清掃業のエヅリン(大田原市上石上、江連秀夫(えづれひでお)社長)。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の集団感染で船内の消毒作業にも加わった。

 高村社長は「製造業なのでテレワークを全従業員が行うわけにはいかない」と現状を説明した。その上で「生活範囲の県北で感染者が出るなど感染の不安がある。会社が社内消毒を行うという姿勢を見せることで、従業員の感染予防意識も高まる」と話した。