塩原小中で行われた授業の撮影

 【那須塩原】新型コロナウイルス感染拡大で休校中の塩原小中学校は4日から土日を除く1カ月間、同校教員が学習のポイントなどを解説する授業動画を塩原ケーブルテレビで配信する。児童生徒に身近な教員の姿を見せることで、学習支援だけでなく心のケアも図る。

 4月30日には同校で授業の撮影が行われた。1年担任の石田健(いしだたける)教諭(32)はあいさつや鉛筆の持ち方などについて指導し「学ぶことの楽しさを伝えたい」と話した。

 動画は塩原ケーブルテレビが無償で撮影・編集。撮影に携わった同社勤務の君島一文(きみしまかずふみ)PTA会長(44)は「PTA会長最後の年ということもあり、何か役に立ちたかった」と話す。

 ケーブルテレビが視聴できない家庭に配慮し、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも限定公開される。