夏のような日差しの中、駐車場などの利用休止を伝える県中央公園の掲示=2日午前11時5分、宇都宮市睦町(超広角レンズ使用)

 2日の県内は高気圧に覆われて朝から気温が上がり、佐野で最高気温が31.8度を記録し今年初の真夏日となるなど、全14観測地点で今年一番の暑さとなった。

 宇都宮地方気象台によると、最高気温は小山29.9度、宇都宮29.7度、鹿沼29.3度などを記録。各地で平年よりも7.6~12.1度高く、佐野など5地点で「最も暑い時期を上回る」水準となった。

 宇都宮市睦町の県中央公園では混雑による新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、この日から連休中の駐車場や屋外遊具の利用が休止となった。園内は入場できるため、夏のような陽気の中で半袖にマスク姿で散歩したり、木陰で休んだりする来園者もいた。