タレがかかり、肉がキラキラと輝く「ローストビーフ弁当」

 江野町のリゾートダイニングがテークアウト用に提供を始めたローストビーフ弁当(650円)。タレがかかりキラキラと輝くピンクのお肉に食欲が刺激され、購入後「早く食べたい」と早足で帰宅した。

Web写真館に別カットの写真

 同店はローストビーフや、表面がカリッとして中身がレアの馬肉の「生唐揚げ」など肉料理が人気の飲食店で、テークアウトは4月上旬から始めた。料理長の野沢忠誉(のざわただしげ)さん(30)は「店で出しているこだわりの味は落とさず、価格はなるべく安く設定した」と胸を張る。

 料理長お薦めのローストビーフ弁当は低温調理され「いかに生肉に近い食感にするか、その日の肉によって調理の仕方を変える」。肉にかかるタレも、肉とご飯どちらも合うように甘めにした。

 早速食べてみる。え? 思わず驚いた。まるで生肉かと思ってしまうほどなめらかな舌触り。しっかり味わおうと思いつつもすぐに飲み込んでしまい、あっという間に肉がなくなった。肉をつるんと食べてしまうのは初めての体験だった。

 同店はほかにも唐揚げ弁当(550円)やナシゴレン弁当(600円)、唐揚げ単品(5個入り、300円)などを販売している。思わず“肉食系”になってしまう味を自宅で堪能してみては。

 ◆メモ 宇都宮市江野町1の7。▽営業時間 正午~午後7時。店頭販売のほか、電話予約して注文できる。▽定休日 月曜▽(問)028・666・7757