栃木県は30日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、大型連休中に観光客らが集まるのを防ぐため、日光や那須など4市町の観光地や道の駅の県管理駐車場計41カ所を2~6日、閉鎖することを決めた。

 既に市営駐車場の閉鎖を決めている日光、独自の非常事態宣言を発令している大田原、那須塩原、那須の計4市町を対象にした。奥日光では地元からの要望もあったという。

 日光は華厳、湖畔、歌ヶ浜、竜頭、湯滝、半月山、中禅寺湖展望台などの26カ所。那須は殺生石、湯本、峠の茶屋、那須ロープウエイ下など8カ所。那須塩原は塩原温泉ビジターセンターなど5カ所。大田原は黒羽暮らしの館など2カ所。

 日光だいや川公園、なかがわ水遊園、那須野が原公園、井頭公園、総合運動公園、鬼怒グリーンパーク、中央公園など主に県民利用の多い駐車場も閉鎖する。