全国知事会のウェブ会議に臨む福田知事=29日午後、県庁

 福田富一(ふくだとみかず)知事は29日、全国知事会がオンラインで開いた緊急対策本部会議で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い複数の知事から導入の議論が出ている入学や新学期の9月への変更について、「拙速な導入は反対する」と慎重な姿勢を示した。現在は学習機会の確保や格差解消などが最優先とし、全国放送のテレビ局を活用した授業の放映を提案した。

 福田知事は9月入学について、「国際標準であり、日本全体のリノベーションなど効果や成果がある」と評価する一方、9月までの感染終息が見通せないことや、あらゆる分野に影響が及ぶため丁寧な検討が必要といった課題を挙げた。「新型コロナウイルスに紛れてやることなのか。真の国際化につながるのか」と疑問も呈した。

 テレビの活用については、「インターネットは家庭でどれほど環境が整っているか分からない。県域テレビは難視聴地域がある」とし、「枠を開けてもらい、全国事業で展開してもらえればいい」と提案した。

 このほか、花きや和牛など農畜産物の消費が低迷していることから、各家庭に普段より多く消費してもらう「地産地消プラスワン運動」を国に呼び掛けてもらうことや、検査を拒否できない制度づくり、感染症指定医療機関などへの経営支援の計4項目を提言した。