【鹿沼】市新型コロナウイルス感染症対策本部は29日までに、国が全国民に一律10万円を給付する「特別定額給付金」(仮称)のオンライン申請を5月1日から受け付けることを決めた。また市の感染拡大防止協力金の対象事業者を追加すると発表した。県の要請に応じて21日から休業し市協力金10万円の上乗せ支給の対象になっている場合を除き、5月2~6日を休業した店舗や施設に5万円を支給する。

 オンライン申請には、マイナンバーカードなどが必要。マイナンバー制度の個人向けサイト「マイナポータル」で行う。給付は早くて5月14日に始まる見込み。

 郵送による申請も今後受け付ける。5月中下旬に各世帯に申請書を送れるよう準備を進めているという。

 市の感染拡大防止協力金は、21日~5月6日を休業した事業者に10万円を支給するとしていた。店舗によって休業が間に合わないケースがあったため、対象を追加した。

 支給の開始時期、申請方法などは決まり次第、ホームページなどで公表するという。