開園した「おうち遊園地」のホームページ画像(提供写真)

 【那須】高久乙の那須ハイランドパークは28日から、首都圏を中心とする15遊園地の人気アトラクション動画が閲覧できるサイト「おうち遊園地」でジェットコースターなどを公開している。新型コロナウイルス感染拡大で臨時休園中も、来園しているような臨場感や面白さを自宅で味わってもらうことが狙い。独自の動画配信も検討するほか、弁当の宅配サービスも開始した。

 「おうち遊園地」は、同パークが加盟する東日本遊園地協会が同日、オープンした。よみうりランド(東京都稲城市)が中心となり企画。加盟遊園地の17の人気アトラクションの乗車動画を集めた。同パークからはジェットコースター2種類を掲載する。

 閲覧すると、実際に体験しているかのような感覚が味わえる。同パークも登場し、臨場感を増すための方法も掲載。前方から扇風機などで風を当てながら、アトラクションの動きに合わせて椅子や体を傾けるなど、自宅でできる工夫を紹介している。

 サイト内には同パーク独自企画のコーナーもあり、実験動画「おうちで空気砲を作ろう!」を公開する。

 独自の動画配信は今後、アトラクションの点検など普段見ることができない裏方に焦点を当てて、動画投稿サイト「ユーチューブ」で実施することを検討している。

 22日には「那須ハイ特製ビーフカレー」など弁当の宅配サービスを開始した。 同パーク広報担当の山崎満帆(やまざきみちほ)さん(27)は「今自分たちにできることで、明るい話題を提供できたらうれしい。終息したら笑顔で戻ってきてほしい」と話す。