鹿沼産森林認証材を使用したルーバー状の木製遊具を備える乳幼児エリア

鹿沼産森林認証材を使用した乳幼児エリアの木製遊具

鹿沼産森林認証材を使用したルーバー状の木製遊具を備える乳幼児エリア 鹿沼産森林認証材を使用した乳幼児エリアの木製遊具

 【鹿沼】市は27日、市花木センター内、旧みどりの産業館を改装して木製遊具を整備した子どもの遊び場「いちごっこ広場」を報道機関に公開した。

 同広場は1階建て面積約554平方メートル、天井の高さ約12メートルで、開放的な空間が広がっている。0歳からおおむね2歳児までが対象の「乳幼児エリア」や3歳児からおおむね小学校低学年までが対象の「大型遊具エリア」などで構成され、子どもたちは天候を気にせず遊ぶことができる。

 乳幼児エリアは鹿沼産森林認証材を多く使用し、積み木や木製ボールなど木のまち鹿沼の木育を意識したエリアとなっている。遊具の一部はルーバー状になっており、保護者が休憩スペースにいても子どもたちの様子が分かるよう工夫がされている。