■2020/10/21 (全国)妊娠届11%下落

 厚生労働省は21日、今年5~7月に全国の自治体が受理した妊娠届の件数が前年同期比で11.4%減、2万6331件マイナスだったとする集計をまとめ、正式に発表した。来年の出生数は大幅に減る見通し。新型コロナウイルス感染拡大による雇用情勢や出産環境の悪化が影響しているとみられる。

■2020/10/16 (国際)欧州「第2波」急拡大

 フランス保健当局は15日、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者が初めて3万人を超えたと発表した。マクロン大統領は「私たちは第2波のただ中にいる」と警戒を表明。イタリア、ドイツでも新規感染者が過去最多となった。欧州では経済活動の再開を引き金に感染が再び急拡大している。

■2020/10/13 (県内)3日連続で感染者ゼロ

 栃木県と宇都宮市は13日、新型コロナウイルス感染症の検査を実施し、結果は全て陰性だった。県が感染の「第2波」としている6月27日以降、3日連続で新規感染者の発表がなかったのは初めて。

「栃木県内3日連続で感染者ゼロ 新型コロナ、3カ月半ぶり」

■2020/10/08 (全国)イート 少額飲食対象外

 農林水産省は8日、飲食業界の支援事業「GoToイート」で今月1日に始めたポイント付与事業について、千円未満の夕食など付与額より低い飲食を対象から外すと発表した。ポイント目当てに少額の食事を注文する利用がネット上で話題になり、開始1週間で制度の見直しを迫られた。

■2020/10/06 (全国)給付金返金 相談相次ぐ

 新型コロナウイルス対策で個人事業主に最大100万円を支給する国の持続化給付金を巡り、全国の消費生活センターに不正な申請をした人や関係者が「金を返したい」などと相談するケースが相次ぎ、9月末までに少なくとも173件に上ったことが6日、分かった。年代が判明した事例のうち大半が10~20代の若者で、安易に関わった後、報道などを通じて重大性に気付いた結果とみられる。

「不正受給、栃木県内は8件 県警「厳正に対処」」

■2020/10/06 (国際)トランプ氏 完治前に退院

 新型コロナウイルスに感染し緊急入院したトランプ米大統領が5日、首都ワシントン近郊の病院から退院した。完治はしておらず専属医は12日まで経過観察を続ける方針で、今後の容体急変に不安も残る。

■2020/10/03 (全国)GoTo東京追加の初週末

 政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京都発着の旅行が追加されて初の休日となった3日の全国の主要駅や繁華街の人出は、計95地点のうち過半の50地点で前週から増えたことが、NTTドコモの調査で分かった。小幅の増加にとどまる地点も多く、東京追加の効果が鮮明になるまで一定の時間がかかる可能性がある。

「GoTo効果 期待の秋 東京発着を追加、初の週末 栃木県内」
「SL「ふたら」日光に 東武鉄道、東京方面からほぼ満席」

■2020/10/02 (国際)トランプ米大統領が感染

 トランプ米大統領は2日未明、ツイッターで、自身とメラニア夫人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。11月3日の大統領選が約1カ月後に迫る中、選挙活動が制限され、再選への打撃となるのは必至。


 

■2020/09/29 (全国)基準地価3年ぶりマイナス

 国土交通省が29日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)は、全用途の全国平均が前年比マイナス0.6%で3年ぶりに下落した。下落地点数の割合は60.1%で2年ぶりに半数を超えた。新型コロナウイルス感染症の影響により、ホテルや店舗といった商業地の需要が急失速した。

「下落幅9年ぶり拡大 コロナ、台風19号影響 栃木県内基準地価」
「台風被害の県南部顕著 観光客激減で温泉街も 栃木県内基準地価、下落幅拡大」

■2020/09/29 (国際)世界の死者100万人超

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が29日、世界全体で100万人を超えた。死者数は、感染者数の増加に大きくは左右されていないが、4月10日に10万人を超えてからは2~3週間で10万人が増える状況が継続しており、依然として被害拡大局面にある。感染者は3300万人を超えた。

■2020/09/25 (県内)とちぎ国体 22年開催確定

 新型コロナウイルスの影響により鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会と全国障害者スポーツ大会について、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁、鹿児島県の4者は25日、トップ会談を開き、両大会を2023年に延期して開催することで合意した。栃木県で開かれる両大会は予定通り、22年に実施されることが確定した。

「とちぎ国体22年確定 県内関係者 ひとまず安堵」
「障スポも予定通り開催 「選手育成加速させたい」」

■2020/09/25 (全国)GoToイベント10月開始

 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、新型コロナで打撃を受けた業界を支援する「GoToキャンペーン」で、イベント入場料や商店街の催しを補助する事業を10月中旬に開始すると決めた。

■2020/09/23 (全国)全世界から入国再開へ

 政府は23日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う水際対策について、全世界を対象とした入国緩和へ検討作業を本格化させた。10月初めにも、観光客を除く3カ月以上の中長期の滞在者らを巡り入国を全面的に解禁する。経済活動再開を重視する菅義偉首相の姿勢を反映した形で、来夏の東京五輪・パラリンピック開催に向けた地ならしの意味合いもある。

■2020/09/21 (県内)県内感染者400人

 栃木県内の新型コロナウイルス感染者数は21日、新たに佐野市などで13人が確認され、計400人となった。300人を超えた8月28日から、24日間で98人の陽性が判明。うち半分以上の54人が、県内6例目のクラスター(感染者集団)となった同市のホームパーティー関連となっている。

「新型コロナ 栃木県内計400人 佐野パーティー関連感染50人超える」
「佐野、鹿沼で13人感染 8人はパーティー関連 新型コロナ」

■2020/09/19 (全国)駅や繁華街 8割で人出増

 新型コロナウイルス対策で実施していたプロスポーツや映画館などの入場人数制限が緩和された19日の全国の主要駅や繁華街の人出が、計95地点中の8割に当たる76地点で前週12日から増加したことがNTTドコモの調べで分かった。制限緩和と4連休初日が重なり遠出する人が増えたためか、空港での人出の戻りが目立った。

■2020/09/16 (全国)菅内閣が発足

 自民党の菅義偉総裁は16日、衆参両院本会議での首相指名選挙で第99代首相に選出された。皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て自民、公明両党連立による菅内閣が発足した。菅首相は記者会見で「最優先の課題は新型コロナウイルス対策だ」と表明した。

「菅内閣発足、栃木県内の声 コロナと経済「地方目線の支援を」」

■2020/09/14 (県内)1日最多21人感染

 栃木県は14日、新型コロナウイルスの感染者を県内で新たに21人確認したと発表した。1日当たりの感染者としては過去最多。このうちの6人を含む計13人の感染者は佐野市内で開かれたホームパーティーに参加していたことが判明し、県内6例目のクラスター(感染者集団)となった。累計の感染者数は359人。

「1日最多21人感染 佐野ホームパーティーでクラスター 栃木県内」
「19人はパーティー参加者や家族ら 栃木県内1日最多21人感染」

■2020/09/14 (全国)自民新総裁に菅氏

 自民党は14日、党大会に代わる両院議員総会を東京都内で開き、菅義偉官房長官を総裁に選出した。16日召集の臨時国会で、安倍晋三首相の後継となる第99代首相に指名。16日中に新内閣を発足させる。

「7人中6人 菅氏に投票 船田氏は岸田氏を支持 栃木県の自民国会議員」

■2020/09/12 (県内)1カ月ぶりの感染者2桁

 栃木県は12日、県内の20~50代の男女計10人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者数が10人以上となったのは8月5日以来。

「佐野、足利で10人感染 12日、栃木県内計338人 新型コロナ」

■2020/09/11 (全国)GoTo10月から東京追加

 西村康稔経済再生担当相は11日、政府の観光支援事業「GoToトラベル」に、10月1日から東京都を追加する方針を表明した。ただ、新型コロナウイルス感染症対策分科会では感染増加を懸念する声が相次ぎ、西村氏は記者会見で「9月下旬にかけての感染状況を見極めて最終的に判断したい」と述べた。

■2020/09/11 (全国)人数制限 19日に大幅緩和

 政府は11日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロスポーツや映画館などの人数制限を緩和することを決めた。19日からプロスポーツは5千人の人数制限を撤廃、会場の収容人数の50%まで可能にする。プロ野球やサッカーJリーグは大規模会場であれば数万人の動員が可能となる。

■2020/09/07 (国際)インド感染 世界2位に

 インド政府は7日、新型コロナウイルス感染者が計420万4613人になったと発表した。米国に次いで世界で2番目に感染者が多かったブラジルの413万7521人を超えた。世界保健機関(WHO)によると、インドの前日からの新規感染確認は世界最多の日が続き、感染を抑え込めない状況になっている。

■2020/09/04 (全国)発熱相談 まず病院に

 厚生労働省は4日、冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、発熱症状のある患者が受診する際の手続きを変更すると発表した。まず近くの医療機関に直接電話で相談し、検査や診療ができる医療機関を紹介してもらう。

■2020/09/01 (県内)有効求人1倍割れ

 栃木労働局が1日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は前月を0.03ポイント下回る0.97倍だった。5カ月連続の低下で、5年6カ月ぶりに1倍を下回った。ほぼ全産業で新規求人が前年同月に比べ減少し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で厳しい雇用環境が続いている。

「有効求人倍率0.97倍 5年6カ月ぶり1倍割れ 栃木県内7月」
「高校生求人 9年ぶり減 倍率1.59倍、コロナ影響 栃木県内7月末」
「「雇用維持できるのか」 栃木県内、有効求人倍率1倍割れ 労使とも危機感あらわ」


 

■2020/08/28 (県内)県内感染者300人超

 栃木県と宇都宮市は28日、県内で新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で確認された感染者数は300人を超え、計302人となった。200人を超えた8月3日から25日間で、さらに100人の陽性が判明した。

「栃木県内、感染者計300人超 新型コロナ 28日、5市町で7人陽性」
「「感染拡大注意」9月まで維持 新型コロナで栃木県 近隣状況を考慮」

■2020/08/28 (全国)安倍首相が辞意表明

 安倍晋三首相は28日、官邸で記者会見し、辞任する意向を表明した。体調が悪化し、首相の職務を継続するのは困難と判断、退陣を決めた。「安倍1強」を誇った政権は2012年12月の第2次内閣発足から約7年8カ月で幕を閉じる。

「【号外】安倍首相が辞意 体調悪化で決断 第2次内閣発足7年半」
「「1強政権」突然の終幕 栃木県民反応 驚きや同情、批判も」

■2020/08/27 (全国)国民全員のワクチン確保へ

 政府がまとめた新型コロナウイルス感染症対策パッケージの医療分野の全容が27日、判明した。2021年前半までに国民全員分のワクチン確保を目指すことが柱。感染拡大地域の医療機関や高齢者施設の全職員を定期的に検査する。医療体制の逼迫を回避するため、感染者への入院勧告の運用を見直し、重症者を優先的に治療する。

■2020/08/26 (県内)獨協医大生5人感染

 栃木県は26日、獨協医大医学部の学生5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも20代の男女で、24日に埼玉県で感染が判明した同学部の男子学生の知人などに当たる。

「獨協医大生5人感染 学内消毒や臨時休校 新型コロナ、栃木県内計294人に」

■2020/08/24 (全国)イベント5000人制限延長

 政府は24日、有識者らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、プロスポーツやイベントの5千人の人数上限について、8月末までとしていた期限を9月末まで延長することを決めた。

■2020/08/21 (県内)差別防止へ共同宣言

 栃木県と県内25市町は21日、オンラインで開かれた市町村長会議で、新型コロナウイルス感染者らへの偏見や差別などの排除を誓う「新型コロナとの闘いを乗り越えるオールとちぎ宣言」を行った。

「コロナ差別許さない 全自治体が共同宣言 栃木県と25市町、繁華街巡回も」
「「誰でも感染」後悔と懸念 日光の鬼怒川さん、退院後も感じる偏見」

■2020/08/17 (全国)GDP戦後最悪27.8%減

 内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比7.8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は27.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費が激減し、リーマン・ショック後の09年1~3月期の年率17.8%減を超えて戦後最悪のマイナス成長となった。

■2020/08/12 (県内)警戒度4段階に見直し

 新型コロナウイルスの感染状況を判断する基準を国の分科会が示したことを受け、栃木県は12日、対策本部会議を開き、県が独自に設定する感染状況の警戒度を初めて見直した。分科会が提示した指標を全て採用し、これまで4指標・3段階だった警戒度を7指標・4段階に改定した。

「警戒度7指標4段階に 分科会目安受け見直し 新型コロナで栃木県」

■2020/08/11 (県内)県確認分 初の死者

 栃木県は11日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた県内在住の高齢者1人が同日、死亡したと発表した。県が確認した感染者で死者が出たのは初めて。県内在住の死者は2人目となった。

「栃木県確認分で初の死者 新型コロナ 入院中の高齢者」

■2020/08/11 (国際)世界の感染者2000万人超

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が11日、世界全体で2千万人を超えた。1千万人を上回ったのは最初の感染例が世界保健機関(WHO)に報告された約半年後だったが、今回は40日余りで1千万人増加した。死者は73万人に達した。

■2020/08/10 (全国)国内感染者5万人超

 国内の新型コロナウイルス感染者が10日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含めて累計で5万人を超えた。7月上旬に2万人、同下旬に3万人を超え、8月3日に4万人を超えていた。わずか1週間で感染者が約1万人増えたことになり、増加ペースが加速した。

■2020/08/07 (全国)感染状況判断に6指標

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は7日、都道府県が対策を強化する際の判断材料となる指標をまとめた。「病床の逼迫具合」や「検査の陽性率」などの6項目からなる。

「コロナ警戒基準 見直しを示唆 栃木県・福田知事」

■2020/08/06 (全国)緊急事態再発令を否定

 安倍晋三首相は6日、広島市内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染再拡大に関連して、お盆の時期の帰省自粛を求めなかった。同時に「直ちに緊急事態宣言を出す状況ではないが、高い緊張感を持って状況を注視し、医療提供体制が逼迫しないようにきめ細かい対策を講じていく」と語った。

■2020/08/05 (県内)1日最多17人感染

 栃木県と宇都宮市は5日、新型コロナウイルスの感染者を県内で新たに計17人確認した。1日当たりの感染者の発表数は過去最多となった。同市在住の感染者が増加傾向にあり、同日の発表数は10人。

「17人感染 過去最多 宇都宮で増加目立つ 5日、栃木県内計224人に」
「職場や会食 接点に 多くは感染経路調査中 5日、栃木県内 最多17人」

■2020/08/03 (県内)県内感染者200人超

 栃木県内で確認された新型コロナウイルス感染者は3日、200人を超え、計202人となった。100人を超えた7月14日からわずか20日間で2倍に増加した。同月中旬以降に相次いで発生したクラスター(感染者集団)が押し上げた。

「栃木県内 感染者200人超 クラスター相次ぎ 20日間で倍増 経路不明も」
「宇都宮と栃木の3人感染 新型コロナ 県内計202人に」

■2020/08/03 (県内)ブレックス 初の債務超過

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスを運営する栃木ブレックスは3日、2020年6月期決算を発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴うシーズン打ち切りにより、売上高は前期比11.6%減の12億1100万円、税引き前当期純損失は1億4300万円となり、7期ぶりの赤字となった。赤字額は過去最大で、07年のクラブ創設以来初めて債務超過となる見通し。

「ブレックス 債務超過 新型コロナ影響 6月期、赤字最大1.4億円」
「市民クラブに試練 ブレックス、7期ぶり赤字 新たな収入源を模索」

■2020/08/02 (全国)お盆帰省「慎重に」

 西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、今月のお盆の帰省に関し、実家の祖父母ら高齢者に新型コロナウイルスの感染が広がる恐れがあるとして「慎重に考えないといけないのではないか」と述べた。国内で新たに確認された感染者は5日連続で千人超えとなり、都道府県境をまたぐ移動への警戒感が強まっている。

■2020/08/01 (県内)21日ぶり感染者ゼロ

 栃木県と宇都宮市は1日、新型コロナウイルス感染症のPCR検査を計103件実施し、結果は全て陰性だった。新規感染者が確認されなかったのは7月11日以来、21日ぶり。

「21日ぶり新規感染者ゼロ 栃木県内、新型コロナ103件検査」

■2020/08/01 (全国)独自の休業要請相次ぐ

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、都市部を中心に飲食店の休業や営業短縮を求める自治体の動きが相次いでいる。宮崎県と沖縄県が1日、東京都は3日、愛知県は5日、大阪府は6日から。いずれも協力金の制度を用意する。国が緊急事態宣言の再発令に慎重な姿勢を崩さない中で、独自の判断に踏み切る自治体が増えつつある。