塩谷朝業を紹介する冊子を作成した村上さん

 【矢板】越畑の主婦村上芳江(むらかみよしえ)さん(65)はこのほど、鎌倉時代に活躍した初代川崎城主で、歌人としても知られる塩谷朝業(しおのやともなり)を紹介する冊子を作成した。市のキャラクター「ともなりくん」のモデルとなった朝業をより多くの子どもたちに知ってもらおうと、市内の小中学校に約90冊を寄付した。村上さんは「この冊子をきっかけとして、郷土の偉人である朝業に興味を持ってほしい」と期待している。

 元小学校教諭の村上さんは約20年前、朝業を紹介する社会科副読本の編集委員として冊子を作成した。昨年7月ごろ、知人から「市内の子どもたちで朝業を知らない子も少なくない」という話を聞き、改訂版の作成と配布を思い付いたという。