県内の新型コロナウイルスの感染者数

 県は26日、大田原市在住の80代女性と栃木市在住の70代男性が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。80代女性は発症した16日と、その後の21日に大田原市内のスポーツ施設に通っており、県は両日の施設利用者延べ約360人の健康観察を行う。スポーツ施設は県の休業要請の対象で、18日の要請後も営業していた施設に感染者が訪れていた事例は、県内で初めてとなった。

 県内で確認した感染者数は計54人で、80代の感染者は県内で最高齢。

 80代女性は16日に倦怠(けんたい)感があり、17、18、21~23日に37~39度台の発熱があった。25日に那須塩原市内の医療機関で検査し、陽性と判明した。女性は肺炎の症状があり詳細な聞き取りが難しく、県は感染経路や濃厚接触者を調査中とした。女性と同じ16、21日に同施設を利用した人には、健康観察の連絡をしている。

 施設名を公表しない理由について県は「会員制で両日の利用者が把握できているため」と説明。この施設は26日も営業しており、27日以降に休業するかは現時点で不明という。

 この日は感染者が休業要請の対象施設で確認されたことから福田富一(ふくだとみかず)知事が会見。「営業が継続され、患者が確認されたことは誠に残念。改めて休業要請へのご理解、ご協力をお願いする」と述べた。

 一方、県は栃木市の男性について勤務先の東京都内で感染したとみている。22日に発熱や鼻づまりがあり、26日に陽性と判明。家族2人を濃厚接触者と判定、27日以降に検査するという。

 県と宇都宮市は26日、午後6時現在で計45件の検査を行い、累計検査件数は1826件となった。退院者数は1人増の14人。

 一方、大田原市は26日夜、市内初の感染者確認を受け、急きょ27日午前に市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開くことを決めた。休業要請対象施設への休業要請などを確認する。