八溝山系を背景に花を咲かせたツツジ

 栃木県大田原市湯津上の「富士ぼたん園」でキリシマツツジやヤシオツツジが満開となり、赤やピンクの花びらが園内を彩っている。ボタンも早咲きの品種からつぼみが開き始めており、5月に入ると一気に開花が進むという。

 ツツジやボタンを含め約400種1万株の花が植えられている同園は、地元で「富士山」と呼ばれる丘陵地にある。斜面一面の花々の先には八溝山系の山並みが広がっている。

 園主の古森幸一(こもりこういち)さん(84)は「わずか十数日の開花時期に合わせて、一年かけて園を管理している。今年は多くの人にお見せすることができないのが残念。一刻も早くコロナウイルスが終息してほしい」と話した。