福田理事長に「サラダめん」を手渡すウチダさん(右)

 【鹿沼】麺類製造販売のオニックスジャパン(宇都宮市中里町、大西盛明(おおにしもりあき)社長)は22日、鳥居跡町(とりいど)町のNPO法人CCV(福田由美(ふくだゆみ)理事長)に「サラダめん」200食を贈った。

 同社は、子ども食堂の支援活動を展開する音楽グループ「歌う海賊団ッ!」のウチダトモヒロさんの思いに賛同。市内6カ所の子ども食堂を食材確保などで支援しているCCVへの寄贈を決めた。

 ウチダさんはCCVを訪れ、「皆、(元気を発する)『発元気』になり、新型コロナウイルスも乗り切ってほしい」と麺を手渡した。福田理事長も「寄付はありがたい。おいしそうな麺で子どもたちも喜ぶはず」と感謝した。

 寄贈したサラダめんは、同社がテストマーケティング中の製品。トマト、ニンジンを練り込んだ生麺の冷やし中華と、ブロッコリー、アスパラガスを練り込んだ生麺のぶっかけ麺で、豊富な野菜をバランスよく摂取できる。