統率の取れたパフォーマンスを披露した佐野小の集団演技

 【佐野】佐野小で26日、運動会が行われ、全校集団演技が初めて行われた。本年度の新入生が1クラス編成に減少したことを機に実施。全児童270人が統率の取れた演技を披露し、訪れた家族や地域の人たちを楽しませた。

 同校はこれまで各学年2クラス編成だったが、本年度の新入生が35人にとどまったため1年生は1クラスとなった。しかし運動会が1組対2組の対抗戦だったため、6年生が「1年生が1クラスのままでは、対抗戦ができずで悲しい思いをする」と形態を変えることを提案した。

 そこで全学年クラス混合チームの対抗戦に変更。その際、全児童の絆を高めようと集団演技を新たに取り入れた。