商品化されたキクラゲドーナツ

商品化されたキクラゲドーナツ。上は使用したキクラゲ

キクラゲドーナツを商品化した関さん(右)と、キクラゲを栽培する佐藤さん

商品化されたキクラゲドーナツ 商品化されたキクラゲドーナツ。上は使用したキクラゲ キクラゲドーナツを商品化した関さん(右)と、キクラゲを栽培する佐藤さん

 【那珂川】小川のわたや菓子店(関豊文(せきとよふみ)代表)が、町内で栽培されたキクラゲを使ったドーナツを商品化し、今月から北向田の道の駅ばとうで販売している。関さん(60)は町の新たな名産品となることを目指し、「肉厚のキクラゲのコリコリとした食感を楽しんでほしい」と話している。

 今年1月、芳井の「ともちゃん農園」の佐藤知子(さとうともこ)さん(62)が、自らが栽培するキクラゲを使った菓子作りを関さんに依頼した。