正社員採用を予定する県内企業の割合の推移

 2020年度(20年4月~21年3月)に正社員の採用予定がある栃木県内企業の割合は57.4%で、前年度を15.3ポイント下回ることが22日までに帝国データバンク宇都宮支店の調査で分かった。05年の調査開始以来、最高となった前年度から一転、7年ぶりに6割を切った。非正社員についても大幅に減少しており、同支店の担当者は「景況感の悪化により採用意欲が落ち込んだ」とみている。

 正社員の採用予定はリーマン・ショックの影響で最も低かった10年度(38.7%)以降、増加傾向にあった。だが、20年度は採用予定がある企業の割合が落ち込んだ。一方「採用予定はない」とした企業は8.0ポイント増の28.7%になった。