真っ赤な”イチゴカー”で送迎 地元特産と自社を両方PR 鹿沼自動車教習所 

 【鹿沼】真っ赤な“イチゴカー”が“いちご市”を駆け巡る−。玉田町の鹿沼自動車教習所はイチゴ仕様のラッピングを送迎車に施し、このほど利用を始めた。自社のPRとともに、市が宣言したいちご市の浸透を図る。

 車は赤いボディーで、個人送迎用。ボンネットに市のシンボルキャラクター「ベリーちゃん」が「いちご」と書かれたナンバープレートを付けた赤い車を運転しているイラストをラッピングした。さらに車の両後輪付近に大きなイチゴ、後部に市のキャッチコピー「いちごいちえ」などが施されている。

 同教習所が送迎車2台を更新するに当たり、古沢正己(ふるさわまさみ)社長(68)がアイデアを呼び掛けた。