豆腐製造のこいしや食品(宇都宮市宮山田町)は、創業家出身で常務の小池泰史(こいけやすふみ)氏(47)が8月29日付で社長に就任した。

 同社は2008年、経営難から企業再生ファンドなどが出資した同名の新会社に事業を譲渡。社長には主取引行の栃木銀行からOBを迎え、11年からは経営陣による自社買収(MBO)で自主再建を目指していた。創業家からの社長復帰は、再建に一定のめどが立ったためだ。