対抗戦を行っている小山市弓道会と野木町弓道連盟のメンバー

 【小山】市弓道会と野木町弓道連盟が毎月競い合う伝統の対抗戦が27日、市弓道場で行われ、節目の300回目を迎えた。

 対抗戦は1991年4月に初開催。同連盟の砂岡資郎(いさおかしろう)さん(92)=同町南赤塚=が、同会の故千野勉(ちのつとむ)さん=小山市宮本町2丁目=から「試合ができる環境をもっと増やしたい」と提案されたことがきっかけ。以来、市と同町の弓道愛好家が集まり、技術向上と親睦を図るため切磋琢磨(せっさたくま)してきた。足かけ28年間、地震や台風の影響で中止になった4回をのぞいて、毎月開催している。