小山高専は20、21の両日、学生1人が新型コロナウイルスに感染したとして臨時休業とした。学生は茨城県在住で、同県の実施したPCR検査で陽性が判明した。学外での感染で、微熱が1日間あった以外は無症状という。

 同校によると、学生は今月上旬に数日間登校していることから、濃厚接触の可能性のある教員3人と数人の学生に自宅待機を要請した。現時点ではPCR検査の対象外という。