リレーに登場した全国のご当地ヒーローたちとトチノキッド(中央)

 新型コロナウイルスの感染拡大による閉塞(へいそく)感を打破しようと、栃木県のご当地ヒーロー「精霊法士(せいれいほうし)トチノキッド」が、全国のご当地ヒーローを指名し、ツイッター上で「おもしろネタ」をリレー形式で披露してもらう「ローカルヒーローネタリレー」に取り組んでいる。

 リレーは、トチノキッドを展開するサークル「とちぎ最生旗(さいせいき)」の福田潤(ふくだじゅん)代表(36)が始めた。出演予定のイベントが軒並み中止になる中、自宅で過ごす人に元気を届けようと考案した。「笑いの力は大きい。平和じゃないときこそ楽しい企画を提供したかった」と話す。

 投稿は今月5日から1日1回行っており、これまでに北海道から九州まで各地を拠点とする15人のヒーローが登場。お笑い芸人のネタやジョークを交え、個性あふれる動画を配信している。福田さんは「今自分にできることをやることで、誰かのヒーローになれるんだと感じてほしい」と思いを語った。