投稿した「車の3兄弟のレース」

 【壬生】新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休館が続く町おもちゃ博物館は3月末から、公式フェイスブック(FB)に「おも博×トイストーリー×ナイトミュージアム」と題し、収蔵しているおもちゃを使ったミニストーリーを投稿している。

 同館トイコンサルタントの中村江美(なかむらえみ)さんが、映画「トイストーリー」と「ナイトミュージアム」を一緒に見ていた小学2年の長男(7)に「おもちゃ博物館のおもちゃも、夜中に遊んでるの」と聞かれたことをきっかけに始めた。

 投稿するのは、夜の博物館の様子を再現するために懐中電灯の明かりで撮ったおもちゃの写真と3行ほどの短い文章、おもちゃの製造年。館内のメンテナンスやクリーニング作業情報と交互に更新している。

 通常、同館のフェイスブックの閲覧者数は300人ほど。だが3月26日、かわいい車の3兄弟のおもちゃを使い「今晩は『おもちゃすとりーと』でレースをする予定です」と書き込むと、閲覧者は1千人に跳ね上がったという。

 中村さんは「ギスギスしがちな状況ですので、少しでも親子の会話の糸口やファンタジー的な癒やしが提供できればと思っています」と話した。