市道の冠水で外れた用水路の側溝=18日午後2時10分、足利市毛野新町4丁目

 県内は18日、強い寒気を伴った低気圧と前線の影響で午前から夕方にかけ、県内全域で激しい雨が降った。宇都宮地方気象台によると、1時間雨量は鹿沼で29.5ミリ、塩谷27ミリ、今市23.5ミリなど計5地点で4月としては観測史上最大を記録した。

 県によると、足利市板倉町の松田川の護岸が約5メートル削られたほか、午後6時7分現在、県道、市町道計8カ所が通行止め。24時間雨量は午後7時10分現在、鹿沼で114ミリ、今市111.5ミリなど計6地点で4月の観測記録を更新した。最大瞬間風速は宇都宮で21.5メートル、那須烏山20.2メートルを記録した。