新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う全都道府県への緊急事態宣言を受け、日光市の世界遺産「日光の社寺」の日光山輪王寺は18日、当初22日までとしていた拝観停止期間を5月6日まで延長すると発表した。

 同じ世界遺産の日光東照宮と日光二荒山神社も既に、同日までの拝観停止延長を決めている。輪王寺の菅原道信(すがはらどうしん)教化部長は「緊急事態宣言が全国に発令された今、人の流れを抑えることが大事。拝観を休止することで感染拡大の防止を図りたい」と話した。