「ステーキフリット」(手前)と「パテ・ド・カンパーニュ」(左奥)、欧州銘柄の生ビールも人気

 ビルの2階にエレベーターで上がるときの緊張は、柔らかなビストロの雰囲気で早々にほぐれた。

 「大衆的で一皿一皿満足度が高いフランス料理とお酒を、普段使いで楽しんでほしい」。店主の島達彦(しまたつひこ)さん(35)お薦めの定番「ステーキフリット」(税別2850円)をいただく。

Web写真館に別カットの写真

 牛のハラミの塊を中心温度まで意識した「香りとジューシーさが両立する焼き加減」で仕上げる。口に運ぶと力強い肉のうまさが広がり、マディラ酒を使ったソースは深みがある。ポテトも添えられ、もりもり食べられる一皿だ。

 肉料理へのこだわりは強く、人気の「国産豚のTボーンステーキ」(同2900円)のほか鳥、季節によってジビエも出す。「パテ・ド・カンパーニュ」(同980円)は豚ひき肉にレバー、香味野菜、各種香辛料を使用。濃厚だがレバーの癖が抑えられ、品がある。

 窓側には本格バー。多彩なメニューの中でも特にビールは「ピルスナーウルケル」や「ヒューガルデンホワイト」「グロールシュ」など欧州の銘柄をたる生で楽しめ、ビール好きをうならせる。

 ワイルドな男前の島さんは「ごりごりのロック」をやっていたバンドマン。店の柔和な雰囲気、肉料理の豪快さ、繊細な調理、スタイリッシュなバー。複雑なエピス(スパイス)を日常にぜひ。

 ◆メモ 宇都宮市中央5の1の19 伊香保ビル2階▽営業時間 午後6時~午前0時(金、土曜、祝前日は午前2時)▽定休日 不定休▽(問)028・678・9895