国の緊急事態宣言拡大を受け、対応を協議した東武宇都宮百貨店本店。商業施設は使用制限を要請される可能性がある=17日午後、宇都宮市

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が全国に拡大したことを受け、県内の商業施設や飲食店も対応に追われている。すでに臨時休業や営業時間の短縮を決める施設がある一方、県の休業要請を受けて対応を考えるという声も多く聞かれた。

 商業施設は宣言の発令で使用制限を要請される可能性がある。

 東武宇都宮百貨店(宇都宮市)は休業が要請される可能性なども考慮して対応を協議している。担当者は「休業要請の対象にならなくても、お客さまや従業員の安全のためにさまざまな想定をしている」と話す。

 那須塩原市の那須ガーデンアウトレットは18日から5月6日まで全館休業することを決めた。担当者は「宣言を受けての判断ではないが、感染拡大を防ぐために判断した」と説明する。

 レストランチェーンのフライングガーデン(小山市)は今月18日から、休業中の1店舗を除き全店で閉店時刻を現在より2時間早い午後8時にする。元々は午前0時まで営業していたが、感染拡大を受け、段階的に営業時間を短縮してきた。夜の時間帯だけ働いている従業員もいるため、補償も含めて対応を検討する。

 県が発表する休業要請を受けて対応を決めるという声も相次いだ。

 JR宇都宮駅の駅ビルパセオは「知事の記者会見を受けて対応を検討する」、同駅西口前の商業施設「tonarie(トナリエ)宇都宮」も「行政の発表を待って対応する」。

 宇都宮市の大型商業施設「ベルモール」は「テナントの経済的負荷も考えなければならないが、できる限り要請には応えたい」としている。