新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県は16日、那須塩原市在住の50代女性と栃木市在住の50代男性の計2人の新型コロナウイルスへの感染を新たに確認したと発表した。いずれも重症化はしていない。県内で確認された感染者は計42人となった。

 50代女性は9日と11日に感染を確認した那須塩原市在住の70代夫婦の娘。11日の検査では陰性だったものの、その後も37度台の発熱や頭痛があった。16日の検査で陽性が分かり、県内の医療機関に入院した。既に陰性が判明している女性の夫についても、17日以降に再度検査する予定という。

 50代男性は、14日に感染が確認された栃木市在住の60代男性が働く飲食店の同僚。14日に倦怠(けんたい)感を覚え、16日に陽性が判明した。2人は11日に勤務時間が約3時間重なったが、接触は短時間にとどまり、現時点では濃厚接触者には当たらないという。