【野木】新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、町は16日から町内の保育園、認定こども園、幼稚園の保護者に登園を自粛するよう求めた。5月10日まで。働く保護者が家庭で保育できるよう、保護者の勤務先に対しても在宅勤務や自宅待機などへの配慮を求める文書も作成した。

 県南地域や隣接する茨城県古河市で感染の報告が相次いでいる現状を踏まえ「子どもの健康と安全を最優先に要請させていただくことにした」としている。

 東京など対象の緊急事態宣言が5月6日まで続くことを踏まえ、安全確保のために10日までとした。幼児教育・保育無償化の対象外である0~2歳児の保育料は休んだ日数に応じて返金する。

 保護者の勤務先に対する文書は真瀬宏子(ませひろこ)町長と菊地良夫(きくちよしお)町教育長の連名で、登園自粛に伴う保護者の在宅勤務や自宅待機への配慮を求める内容。町のホームページに掲載し、保護者が必要に応じて提出できるようにした。

 町内には保育園、認定こども園、幼稚園が計4カ所あり、4月1日現在で568人の子どもが利用している。