市民活動支援センターの1階

15日オープンの市民活動支援センター

市民活動支援センターの1階 15日オープンの市民活動支援センター

 【さくら】各種ボランティア団体や老人クラブなどの活動拠点となる「市民活動支援センター」が15日、JR氏家駅前の「eプラザ壱番館」内にオープンする。商業集積施設となっていた2階建ての同館を改修、整備した。

 1階には事務局と相談ブース、フリースペースを設置。市総合政策課の職員4人とボランティアコーディネーター2人を交代で常駐させる。

 窓口となる相談ブースは、コーディネーターがボランティア活動の紹介などに対応。事務局は個人・団体の登録業務や会議室の予約などを受け付ける。このほか1階には、飲食可能で予約なしで使用できる「フリースペース」や登録団体の活動告知やパンフレットを掲示する「活動PRスペース」なども設置している。

 2階は「ミーティングルーム」とし、会議や講習会などで利用可能。延べ床面積は約700平方メートル。

 センター関係者は14日、オープン準備で大忙し。案内板の設置や電話対応に追われる中、担当者は「皆さんが気軽に入れるような場所にしていきたい」。花塚隆志(はなつかたかし)市長は「市民からの要望もあり実現した施設。厳しい折だが、活動の広がりと地域のために有効な拠点となることを願っている」と話した。

 利用時間は午前9時から午後9時(コーディネーター対応などは午後5時15分)まで。開館日は日曜、月曜、祝日、年末年始を除く通年。(問)支援センター028・615・7117。