贈呈されたチョコレートを手にする大嶋市長(右)と加藤専務理事

 【日光】原料チョコレートを加工生産する日本チョコレート工業協同組合は10日、小代に建設した新工場の操業を前に、チョコレート700枚を市に贈った。

 同組合には菓子業者27社が加盟している。東京都板橋区の工場が老朽化していることから、菓子製造のヨックモッククレア旧今市工場跡地に管理部門を含め全ての生産機能を移転した。本格操業は今月下旬を見込む。

 市に贈ったチョコレートは、1枚当たり1200円で販売されているデラックスミルクチョコレート。市は今後、放課後児童クラブを通じて子どもたちに配るという。