満開となった松葉川沿いの桜並木

 大田原市中野内の松葉川沿いの桜並木が満開となっている。

 地域の住民が二十数年前、大宮橋付近から2キロにわたり約100本のソメイヨシノを2年間かけて植栽。現在は10人ほどのメンバーが年3、4回の草刈りと冬の剪定(せんてい)などの維持管理に取り組んでいる。

 まとめ役を務める同所、無職小泉敏郎(こいずみとしろう)さん(66)は「住民が散策したりして地域の憩いの場となっている」と咲き誇る桜を眺めていた。