JR東日本によると、13日午後3時55分ごろ、栃木市沼和田のJR両毛線栃木駅構内で、架線に飛来物が引っかかっているのを高崎発小山行き下り普通電車の運転士が見つけた。

 同線は佐野-小山駅間の上下線で一時運転を見合わせ、飛来物を撤去して再開。上下計4本が区間運休し、下り2本が最大約2時間6分遅れ、約600人に影響した。