東武鉄道SL「大樹」、8月10日から記念乗車券発売 運転開始日に合わせ

 東武鉄道は8月10日に東武鬼怒川線下今市−鬼怒川温泉駅間で運行を始めるSL「大樹」の記念乗車券を運行開始日から発売すると27日、発表した。限定1万セットを同社の主要駅などで販売する。

 1セットは、大樹の始発駅となる鬼怒川温泉駅から浅草駅までの大人片道乗車券、下今市駅から450円区間の小児片道乗車券の2枚組み。税込み2千円。

 台紙は長さ90センチの折り畳み式で、表面には列車の編成や同社のSL復活プロジェクトの軌跡が分かる写真を、裏面には大樹の名称の由来や車両の解説文などを掲載した。