福田富一知事の外出自粛要請などを受け、県内のレジャー施設などは11日、臨時休館が相次いだ。

 足利市は11~24日の間、太平記館や史跡足利学校など7施設を閉館する。既に屋内施設は原則休館としていたが、観光客が訪れるなどして、例外として開館していた。

 那須塩原市塩野崎の那須ガーデンアウトレットは、食料品を扱う一部店舗を除き11、12の両日を休館するとホームページ(HP)で公表。12日まで休館を決めていた宇都宮市大谷町の大谷資料館もHPで、24日まで臨時休館を続けると明らかにした。

 日光市柄倉の江戸ワンダーランド日光江戸村は12日から臨時休業となる。再開時期は未定で、運営会社は「県や市と連携しながら見極めたい」としている。

 宇都宮市福岡町の同市サイクリングターミナルは、貸し出し自転車の利用を22日まで中止する。10日までは屋外の一部を開放していた同市西川田町の県子ども総合科学館も、11日から利用を休止した。

 11~22日に休園する同市西川田4丁目のとちのきファミリーランドの宇賀神哲也(うがじんてつや)所長(54)は「休園は延長になる場合もあるが、遊具のメンテナンスを続け準備する。開園したら思いっきり遊んでほしい」と話した。