足利産の麦芽などを使ったワタラセエール

 【足利】ビール好きの市民有志らのグループが企画したクラフトビールが、この春から市内の酒店や複数の飲食店で販売されている。足利産の麦芽などを使った「WATARASE ALE(ワタラセエール)」。なめらかな口当たりや爽やかな苦みなどが特徴で、メンバーは「地元の人たちに、地元ならではの味わいを楽しんでほしい」と話している。

 企画したのは市民有志らでつくるグループ「渡良瀬ビール会」。数年前からクラフトビールの企画に取り組み始めた。足利産の大麦の調達やラベルデザインを手掛け、県内の醸造所に製造を依頼。これまでにも何回か作り、会のメンバーやイベントなどで消費してきた。